TOP > 質入れと買取りの違い

質入れと買取りの違い

質屋に行くと質入れと買い取りの選択ができます。
その違いはなんでしょうか。

質入れと買取りの違いとは?

まず質入れというものは、品物を担保に品物の価値の範囲内でお金を借りるシステムです。そのため、借りたお金と質料(利子)を期間内に返済すれば、品物も戻ってきます。


期間内に返済できない場合には質入れした品物を手放すことにはなりますが、消費者金融を利用した時とは違い、取り立てはありません。そのため安心してお金を借りられるシステムともいえます。手放すか迷っている品物を換金したい場合には、質入れを利用すると良いでしょう。


買い取りは不要になったものがある場合に便利です。
自分には不要なものでも一般的価値のあるものの場合、質屋に持っていくと品物を査定後、買い取り金額を提示してくれます。その金額に納得できれば契約成立で、品物を買い取って貰うシステムです。不要だけれど捨ててしまうのはもったいないものの場合は買い取りを利用しましょう。

質入れや買取りを利用する時に必要なものは?

質入れする品物の他に、身分証明書(運転免許証、パスポート、保険証)が必要になります。そしてお店によっても異なりますが18歳以上もしくは成人していないと買い取りも質入れもできない場合があります。
質入れする前にそのお店は何歳から質入れが可能なのかチェックをしておきましょう。

QLOOKアクセス解析